RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

日々雑感

幸せは日々の、雫のような時のなかにある。
毎月、つれづれなるままに・・・
<< 秋の光は黄金色 | main | アネモネの花が咲いた >>
2011年お正月
 

日々雑感           渡辺範子

   もう何年前だろう、今年のような寒いお正月、夫と長女は

クラブのスキー旅行で志賀高原へでかけ、息子と二人のお正月

になった。年末から張り切って料理し、スキー組にはおせちを持たせた。祝い肴と得意の定番の牛タンのコンビーフ、蕪のふくべ漬け、するめいかで作った塩辛などだ。

スキークラブの名は「シェルカ」。ドイツ語でスキーを愛する会の頭文字をもじったものだが、愛するのはスキーだけではなく、よくお酒もたしなまれる(?)メンバーで、タンも塩辛も好評だった。

 さて、留守番ぐみだが、元旦凧揚げには絶好の風が吹いていた。防寒具で身を覆い、息子と二人で近くの高台にでかけた。

凧は空高くあがったが、突然の横風でくるくる回り始め、ついに糸を切って落ちていった。

 病を宣告されてから5年、歩くのが覚束なくなり始めた息子の宝物の凧だ。落ちたあたりを推理し、私は息子を待たせて、そこを目指して走り、土手を駆け下り 凧を捜した。

二人の距離はどんどん遠のいた。こんな寒い日に凧揚げなどしているのは、私たちくらいで、視界からお互いの姿が消えて心細くなった。

「剛 ヤッホー」思い切り大きな声で叫ぶと「ヤッホー」と息子が答えた。凧が見つかって再会したときの嬉しかったこと。

 

今年もまた黒豆を炊き、数の子を戻し、ごまめを煎りお福茶用の昆布を結び小梅を準備した。

息子が逝き、娘が嫁ぎ、夫婦二人になった。

時は粛々と進み、人間の予想を超えた速さで変化をみせる。

そのひとかけひとかけの時が

いとおしいと感じるようになった。

| - | 14:46 | - | - | pookmark |